しゅがーはいつ406

4歳と1歳の母。2017.08〜バンコク在住

外には伝わってない駐在家庭の現実

バンコクのコンドミニアムで日本人女性が転落死、自殺か | タイランドハイパーリンクス

 先日twitter界隈で騒然となったニュース。

こちらを読んで、思わず書かずにいられなくなったため久しぶりに更新します。

 

正直、関係者でも知り合いですらない私がこんなブログを書くのはおこがましいと思ってる。だけどこのニュースを見て、他人事と思えない人たちが一定数いることを知ってほしい。

そして願わくば、このニュースを機に日系企業の働き方が少しでも改善しますように。

 

現在私は、駐在生活2年目。丸1年過ごして、ようやく楽しくなってきている。

というのも、半年を過ぎたあたりから「私の友達」と呼べる人たちができたこと、コンドでも頼れる先ができたこと、つまり夫以外の知り合いが友人レベルにまで自分を受け入れてくれたということが大きい。(ちなみにタイ語で知り合った友人はもはや戦友レベル。)

それまではけっこうつらかったな。

来タイ3ヶ月目、思うこと - しゅがーはいつ406

↑ここにも書いてたけど。ほんとに心が疲れる毎日でした。

 

バンコクブロガーのきょんさんの名言「強制リセットボタン」

参照先→駐妻生活は、強制リセットボタン。アイデンティティ喪失を乗り越えた私の話|きょん@バンコクブロガー|note

にもあるように、頼れる友達も身内もいない状況(成人済み)で、新たなスタートはなかなか堪えるのです。

だからこそ、夫や会社の上の方には家族のフォローも念頭においてほしい。「海外での生活は大変だろう、だから家族と一緒においで」と言うのなら、帯同家族にだってそれ相応のストレスがあることを。ウチは社交的だから大丈夫、だとか、家で一人で篭ってても平気なタイプ、だとか今までの感覚に囚われずしばらくは過保護なくらいケアしてもいいんではないかと思いますよ、私はね。

 

接待やゴルフ、そんなに必要?そこまであなたがする必要ある?と思うことはあります。プライベートゴルフで休日潰すのは論外と思ってます。

正直、会社側がタイだから仕方ないで許してもらおうとしてる感じが嫌だ。その分の給料は上乗せしてんだろ、的な。

多分働いてる駐在員さんも家族の時間が取れなくて苦しんでる(と思いたい。ってかそうじゃないなら呼び寄せんな。)ゴルフもカラオケも夜のお店も行きたいなら行ってくれて全然構わないから、頼むから単身同士でしてください。妻帯者でハマったやつは…救いようがないので然るべき処置をとりましょう。

 

今日うちパパいないからー。がもはやデフォルトの事態をどうにかしてほしい。少数精鋭だから日本でいた時より仕事の負担が増えるのは仕方がないと思う。渋滞で遅くなるのも仕方ない。だけど、減らせるところもあるはずなんです。これはうちの夫が、とか個人や各家庭でどうしようもないことなんです。社会や企業が動いてくれないと、またどこかで悲劇が生まれるんだと確信の域で思っているから、色んな人が色んな意見を口にするんだと思います。

 

どうかどうか、同じ悲劇が二度と、どこの国でも起きませぬように。

タイだけでなく、全ての日本企業が働き方を見直してくれますように。

 

そして孤独な駐妻さんが少しでも気楽になれるよう、ぐいぐいお節介おばさんしていこうかなと(違ったら止めてください)。もうほんと我が家でよければいつでもおいで!ってか晩御飯のおかず持って行くわ!と言いたい笑 出産直後もそうだけど、外に出て行く気力がないときにぐいぐい来てくれる存在ってありがたいよね。(私だけ?)

せっかく同じタイミングで同じ土地にいるんだから、昭和の団地的な関わり方をして支え合って生活したいなぁと思います。

 

以上、うまくまとめられませんでしたがこの件に関して私が思うことでした。

亡くなられた方のご冥福をお祈りいたします。