しゅがーはいつ406

園児と幼児、男兄弟の母。2017.08〜バンコク在住

タイに戻れました

f:id:sugerheights406:20180726121602j:image

日本のローソンで開催されてたルパパトスタンプラリー。長男とフラフラ回って無事2週分のステッカーを手に入れました!

 

お騒がせ帰国から3週間弱、先日無事にタイに戻ってきました。

書かねば書かねばと思いつつ、時差ボケやら長男の行事等で毎日寝落ちの日々でした…。ごめんなさい。

 

ドキドキVISA申請

夏休み前後の渡航ラッシュの時期だからか、大使館の予約が全然取れず結局帰国してから2週間弱待ちました。その間に書類の準備。日本の本社から招聘状もらったり、戸籍謄本取ったり。。

 

で、いざ当日。正直子どもたちは別に必要ないだろうと思いつつ、今回若干イレギュラーな自体なので本人必要と言われた時に大変だよね、と言うことで義母様サポート付きで来館。

番号呼ばれるまで子どもたちのご機嫌とりつつ待つ。

順番が来て書類のチェック開始。基本ドキドキ。

するとおばちゃんから一言「旦那のビザの期限が短いよ。これじゃ無理」

 

…私たちビザ更新の時に切れてることが判明した、というのは前回書いたのですが、もちろん旦那は更新手続きをそのまま進めておりましたが、実はその手続きが大使館を訪れた時には未完だったのです。。

(ビザの更新手続きも1ヶ月程度かかります。その間は臨時で1ヶ月の滞在猶予があるためタイにいることに関しては問題ないです。)

 

帯同家族ビザ取得の条件は就労者のビザが3ヶ月以上あることです。今のままでは認められない。つまりはそういうことでした。

 

それは事前に把握しており、その為に夫のビザ申請の現状を書いてもらったペライチの紙があったのですが、、、、、なんと私、、、

その紙を家に忘れました(´・_・`)

 

上がる心拍数、出てくる変な汗、ぐずる子どもたち、、どうしようどうしようとテンパる私に神(義母)の声。

「私取りに帰ろうか?」

…はい、義母にタクシーで自宅往復をさせた鬼嫁が私になります←

 

事情を説明し、受付時間を15分延ばしてもらいどうにかギリ着で提出し受付は受理してもらいました。

 

無事取得

とりあえず書類を受け取ってもらえ、申請は終了。

「では2営業日後に来てください」

 

…ん?2営業日????

 

私の記憶では翌日にはもらえたはずー!変わった??

木曜に申請に行った為、土日をまたぐことになり、その週末に予定してたフライトは延期し、子どもたちの幼稚園も欠席届の延長をし、と予定が大幅に狂いました(泣)

 

受取はあまりにサラッとしてて一瞬焦りましたが、ビザのシールを見て心底ホッとしました。行くまではマジで吐きそうでしたけどね…!

 

入国審査

入国審査は優先ゲートですすいのすいでした。もう入国カードをビザのページに挟んでアピールしまくり笑

これ使うのか?と聞かれ、もちろん!と言ったぐらいで何の質問もなく通過できましたー。よかった!そして今度はちゃんとノンイミグラントOビザと10月半ばまで滞在okと書かれたスタンプを手に入れました!!もう間違えない。

 

最後に

結局不法滞在日程は50日程度で済みました。

一応タイは30日はノービザで大丈夫なのでその期間は免除されたみたいです。(ってことはその間に気づいていればタイで手続きできたのかな?と思ってます。不確定!)

なので一瞬夏休みまで待つことも出来たのかーと良からぬことを考えたりもしましたが、何かの拍子に街中で不法滞在が見つかると、それこそ帰って来られないような事態になるので仕方なかったと思うことにしています。。緊急帰国せいで長男に辛い思いをさせてしまったことが1番の後悔。

不法滞在自体は、罰金を払って1度タイを出たということでそこから特に何か問われることはありませんでした。初犯だし子連れだし情状酌量の余地あり的なことかなぁとも思います。

とは言え人生で一番焦ったといっても過言じゃない出来事でした。心拍数こんなに上がったのほんといつぶりだろ。。

本当にこんな経験をする駐在家庭が我が家だけでありますように、それを切に思います。

そして私は乳幼児2人を連れたフライトまで経験し、どこでも1人で連れていけるんじゃないかという強靭なメンタルを手に入れました笑

(とか思ってるとしっぺ返し食らうのが子育てですが)

 

ご心配をおかけした皆様、帰って来られた時に温かい言葉をかけていただき本当にありがとうございました。みなさまのおかげで心折れることなく戻ってくることができました!ただただ感謝です。