しゅがーはいつ406

園児と幼児、男兄弟の母。2017.08〜バンコク在住

熱性けいれんと入院②

f:id:sugerheights406:20180424162058j:image

病室のTVでスラムダンクinタイ語やってた。

しかも1日に何話も流してた(なぜかランダムでw)

 

前回の続きです。

 

sugerheights406.hatenablog.com

 

 

病院受診と入院決定

ウチはサミティベから徒歩数分のところに住んでいるため、抱っこで直接向かいました。

時間も夕方だったのでがっつり渋滞中でしたしね。

 

通常の外来と同様に体重・体温・脈拍といったバイタルチェックをした後、高熱のため解熱剤を飲ませるかどうかを聞かれます。

長男が初回のけいれんを起こしたのが解熱剤を飲ませた後に再度上がるタイミングだったため、解熱剤を極力使いたくない私。(実際には無理やり熱を下げることと熱性痙攣に何の因果関係もないと小児科医から言われております。。)そんなこんなで解熱剤の処方を渋っていたのですが、通訳を通して飲ませたほうが良いと言われたので飲ませることに。そしてタイでは熱があると濡れタオルで全身を拭くんですね。噂には聞いていたけど思っていたよりハードでびっくりしました(笑)タワシでごぼうの土落とす時みたいな力の入れよう。。すごかった。。

 

そして先生との問診。けいれんを起こしたことを伝えた際に、熱はいつからか?・時間・左右対称かどうか・目はどこを見ていたか・意識はどうか?を聞かれました。

で、おそらくただの熱性けいれんと思われますが、まだ熱も高く3回目が起こらないとも限らないため入院しましょう。明日には専門の先生に診てもらえるようにします。とのことで入院に至りました。

 

入院準備 

入院中の生活の様子はバイブルぷくこさんのブログより

www.bangkok-pukuko.com

www.bangkok-pukuko.com

www.bangkok-pukuko.com

 

小児科病棟に移ってから、再びバイタルチェックやら採血やら点滴やらでぐるぐる巻きになってギャン泣きしている次男を横目にめっちゃ読んでました。笑

何が必要かどうかもわからなかったので、とりあえずこれ見ながら旦那へのリスト作り。そうこうしているうちに点滴が刺されてる腕が痛々しい次男の出来上がり。

f:id:sugerheights406:20180427004613j:image

どん。こんな時でもポーズは取るんだぜぃ笑

ちなみにウチの次男、外来のバイタルチェック〜病室に入るまで待ち時間を含めほぼフルで泣き続けておりました。何ならナース見ただけで泣いてたね。なのでぐるぐる巻きの段階では泣きに麻痺してた感が否めません(苦笑)

 

ぷくこさんのブログとの相違点は、病室移動手段が車椅子ではなかったこと・初日に前金支払いがなかったこと・大戸屋のメニューがなかった、、くらいでしょうか。

支払いに関しては保険適用され、キャッシュレスで帰れました。よかった!4月でルール改正されたとかかなぁ?なお、高額のため夫に保険会社から確認の電話があったそうです。移動手段はその子の病状次第な部分もあるかな、と。私の場合は荷物をナースさんが持ってくださり次男抱っこで向かいました。

大戸屋は、、、私の探し方が下手なだけ????笑

 

入院〜退院

夫に追加で荷物を持って来てもらい、化粧だけ落として就寝。まさかの計画停電dayと被ったためスマホの充電が怪しくなりつつ、点いたり消えたりする電気に起こされ、1時間毎くらいの頻度で体温測定にやってくるのに起こされ(夜中1時の段階でまた熱があったため寝ていようが容赦なく解熱剤と身体ふきふきをされる次男。。)時折鳴る点滴のアラートに起こされ。。と母はほぼ徹夜で過ごした一夜でした。。

でもおかげさまで何事もなく、10時過ぎの専門の先生(?)の診察で「熱が残るから念のためあと1泊」と言われたところを「上の子いるから無理!帰りたーーいーーー!」とごり押ししたところ、翌日に通院するならいいよとの許可を得たので無事退院に至りました。

結局精算になかなかな時間を取られ、最後に点滴が外されたのが13時半ごろ。まぁそのおかげで次男もがっつり昼寝できて、自力で歩いて帰ってましたよ。

 

翌日には熱も下がり、外来ももちろんオールオッケーでした!先生に熱でたらとにかく下げろ身体拭けといわれました。身体拭きのパワーすげぇw 解熱剤の有効期限もちゃんと教えてくれるいい先生でした。美人だしね!次のときも居たら指名しようかなと思ったけどサミティべのHPの小児科医外来時間一覧に載ってないのよねー。うーん。予約専門の方なのかなぁ。ま、いっか。

 

 

たった1泊ですが、とにかく疲れた入院生活。

上の子対応やら、感想やらは次にまとめます。次で最後!