しゅがーはいつ406

園児と幼児、男兄弟の母。2017.08〜バンコク在住

レディースデーの過ごし方

https://www.instagram.com/p/BfkMa4EHenl/

エカマイsoi10のsteps with theeraにて子連れ会。大人4人1歳児4人でランチ。キッズスペースがあるだけあり、子連れにとてもとても優しいお店でした。頼んだラザニアが予想以上に甘くてちょっとマイナス😅ほかのお料理も食べてみたいー!#カフェランチ #海外駐在 #バンコク暮らし

 

 

 

本日は、女性特有の月1のアレの話

*ってなわけでそういう話が嫌な方はどうかこのままお戻りください。

 

 

 

女性にとって、ただただ面倒な月経というシロモノ。(私だけ?)

子供を授かるために必要なのは分かってはいるが、いざ妊活!と思うと毎月来ることが恨めしく、妊娠出産と授乳でしばらくの空白期間を置くと更に面倒なものなんだなと再認識。

そして歳を重ねるごとにその前後のホルモンバランスの崩れが如実に心身に現れてきました…。つらい。

 

そんなレディースデー、みなさんはどんな対策をしていますか?

メジャーなのは使い捨て紙ナプキンかなと。

あと一部布ナプキン派?

 

私は月経カップ+布ナプ併用派です。

 

↑これ。

宋美玄先生が紹介したこともあるのでご存知の方もいらっしゃるかな、と。

 

因みに、私のレディースデー対策遍歴は

スタート:紙ナプキン

長男出産後:布ナプキン

次男出産後(バンコク在住になってから):スクーンカップ+布ナプキン

って感じです。

 

まぁきっかけはコストやら生活環境の変化やら。そして体質の変化。 

出産でしばらくのおやすみ期間を経た後から紙ナプ(特に夜用)を長時間つけてると痒くなるようになってしまったのです。。ツライ。

 

海外在住子持ちにオススメしたい

月経カップ、慣れるまでは少し大変ですが慣れてしまえばもう戻れないです。(もちろんイレギュラーなことはあると思うけども)

ここで私が海外(というかバンコク笑)在住の子持ち女性にオススメしたい点がいくつか。

  • 子どもとお風呂に入るのが楽

現在我が家はバスタブ付きのシャワーを使っています。しかしユニットバスなので、お湯を溜めることはありませんし、日本のように身体を洗うところが別にあるわけでもありません(シャワーブースはありますけどね。シャワーが固定だから子どもには向かない…)。そうするとお風呂が下手をすればなかなかにサスペンスな状態になるわけで笑、そんな時に月経カップは大活躍です。つけたまま入れるので、垂れる〜と思わずに子どものお世話に集中できます。また、お風呂上がりもパンツパンツ!と焦らないので走り回るお子、どんとこいです笑 入れてる部分が目立たないのもありがたや!

 

  • 妙な匂い付き(笑)のモノを買わずにすむ

噂のメンソールとか(笑)いや、せっかく来たんだから!で使ってみることに関してはどうぞお試しください!なんですよ。ただ、買いたくないけど仕方ないよね〜的な人には別の手段もあるよと伝えたい。

 

  • どんな暑い日でも蒸れない

先述しましたが、私がいつからかとても敏感肌になり、紙ナプキンだと蒸れるように。特に暑い日は汗も加わり痒くなったりすることも出てきました。その点、月経カップは入り口のみに蓋をしている感じなのでなんの不快感もありません。ナプキンと肌の間で汗をかくのが一番の要因だったようで、布ナプキン月経カップでは今のところ肌トラブルに見舞われていません。

 

  • トイレと洗面台が同室にあるからお手入れが楽

これ、私の中でいちばんのメリットやったんですけど、よくよく考えたら最近タンクレストイレ主流でトイレの中に別で手洗い用シンクがある家たくさんあるわーと思い、大したことではないと気づきました笑 今まで住んでた家が全部タンク有りで洗面所が別だったんだよう!笑

月経カップは1つを使いまわします。中に溜まった経血を排出し洗って再度挿入が基本なので、トイレと同室に洗面台+石けんがあるに越したことはありません。

 

  • 荷物が増えない

ただでさえ子どもとの外出は荷物が多いです。オムツ、飲み物、食べ物、着替え、、、できる限り荷物を減らしたいのに、そこに自分のナプキンセットを足す…。そしてトイレに行ってすぐ出したいのに子どものものがごちゃごちゃで見つからない。。子どもと二人っきりの外出で自分のトイレなんて1秒でも短く済ませたいのに!みたいなちょっとしたストレスからも見事に解放されます。というか、そもそもの装着限度時間も結構長いのでちょっとした外出程度でわざわざ取り出す必要はありません。

 

デメリット

慣れるまではトラブル続きです。

  • 漏れる
  • 入らない/抜けない
  • 脱着に時間がかかる
  • 抜ける…等々

初回はもういいやと思うくらい上手くいきません。色々ネットで体験談も読んだけど最初っからこれか!と最適解を見つけられた人はごくごく少数のような。。だけどそれなりにコストかけたので1回で諦めきれず続けました。結果として、バンコクで生理用品を購入することなく現在まで至っております。元手はとったZE!笑

 

まとめ

現在も一滴も漏れないというわけではないので(私が下手なだけ?)、念のためにかるい日用の布ナプキンを敷いてはいますが、一日1枚程度のため洗濯も非常に楽です。そしてサニタリー用ショーツは全く使用していません。おかげさまで肌に関するストレスフリー。布ナプ特有の洗濯物の多さも外出先で汚れたナプキンを持ち帰らねばのデメリットも解決。あぁらくちん♪

バンコクで果たして手に入るのか。。?というのはまだ未リサーチですが、春は一時帰国ラッシュですし、現在楽天さんはセール中ですし?、ご興味があれば一度試してみる価値はあるのではないかなと思います。