しゅがーはいつ406

園児と幼児、男兄弟の母。2017.08〜バンコク在住

元ジャンキーのつもりでした

f:id:sugerheights406:20180124233130j:image

念願のハロッズのスコーン♡

前を通るたびに次男坊が手を伸ばすのでいつかサービス券とか貰えないかなぁとか切に思う笑

 

 

実はかれこれ15年ほどaikoのファンをやってます。そしてaikoのファンのことを「ジャンキー」と界隈では呼びます。

今日のタイトルはそこからきておりましてね。

きっかけは、なんだったけかなー?中2の頃、ジャンキーの人とチャット(もはや懐かしい響き…!)で知り合ってめっちゃオススメされて聴いてみたら良いじゃないか!ってなったのよね。

もちろん有名どころの「カブトムシ」や「花火」は知っていたのだけども、アルバム収録曲やカップリングに名曲があると知り、ふわっとハマっていきました。

中高時代は周りに布教しつつ、1人で楽しんでいて、大学1年生の時に初めて同じレベルでaikoが好きな友人と出会い、ライブに行くようになり…、私の青春時代割と捧げたんじゃないかなと思います。特に思春期以降恋をしてからは今の気持ちはこれー!と当てはめていたので、色々思い入れがあってしばらく聴けなくなった曲もいくつか…笑

 

とは言え、この15年で私の生活はガラリと変わりました。

恋を知る前の段階から、気づけば2児の母に。

恋の歌を素直に聞けない荒んだ大人に。

妊娠出産育児でライブから離れ、次男妊娠直前に行ったラストライブ。

aikoは好き。だけど、ライブはしばらくいいかなぁと思った。理由はよく分かんないけど、多分、今の自分「家事」と「育児」しかないなってポツーンとしちゃったんやろな。aikoと一対一に思えたらよかったのかもしれないけど、どうしても周りを見てしまって、キラキラ女子に囲まれている気がして、なんだか1歩引いてしまった自分に気づいたわけです。

 

曲もね、ちゃんと聴けてなかったし。

昔みたいにイヤホンつけて移動中聴くことがなくなって、家の中は常にEテレ、しまじろう…。

テレビ出演だけは追いかけていたけど、いつのまにか昔みたいに全部見逃さないように!ってほどのパワーを注がなくなっちゃった。

所帯染みた私は昔ほど歌詞に共感もしなくなり、ファンクラブの会報もチラッと見て終わりになってました。

 

なので、バンコク異動を機にファンクラブも携帯サイト会員も脱退してきたんです。

もともとファンクラブ入ったのもライブに行きたかったからやしね。

 

そんなこんなでジャンキーは卒業して、ふわっと「あーaiko好き〜」くらいな感じでTVもついていたら見るくらいの気楽に聴いていたのです。

 

ただ、そんな時にやってきましたこの曲。

aiko 『月が溶ける』music video - YouTube

 

これ、別にサーチしたわけじゃないんですよ。

何か別の事が気になってyoutube開いたらオススメリストにあって。

そして一瞬で心奪われて今に至る…というわけです。

twitterではライトな感じで愛でてるとか書いてたけど嘘ですごめんなさい。好きです。もうめっちゃ好きです。ついていきます!とかいう変なテンションになっちゃってます。

メロディーが、とか歌詞が、とかは当たり前なんだけど、この最後にアカペラでaikoが歌うシーンがあってそこに全てを持っていかれました。細胞に染み入るって表現が多分1番正しい。ただ純粋にこの人の歌が好き、声が好き、歌い方が好きなんやなって気づいた。

なんで一歩引いたところに行ったつもりやったんやろう。ライフスタイルが変わったところで嗜好なんてそうそう変わりやしないのに。ましてや10年以上続いてるならなおさら。

 

ありがとうaikoさん。ちゃんと思い出したよ。

今しばらくは無理やけど、日本に帰って子育てが落ち着いて夜の外出が出来るようになったらまたライブに行きたいな。それまで歌い続けてくれるかな。

そういえば、ライブで聴きたい曲ベスト1をまだ聴いていなかったんだ。

 

まだまだ好きでいさせてください。

そんなことに気づかせてくれた2018年。奇しくもaiko20周年の年ですね。お祭りあるかなー??