しゅがーはいつ406

3歳と0歳の母。夏にバンコク駐在予定。

人生初の人間ドック

f:id:sugerheights406:20170714204905p:image

 

義母から朝採れトウモロコシを頂いたので、トウモロコシご飯に。

土鍋ご飯とトウモロコシの相性最高でした(´∀`)

 

 人生初の人間ドック

24歳で仕事を辞め、定期検診など受けるわけもなく、なんなら妊婦健診くらいしか病院に行くこともなかった5年間。先日、ドキドキしながら受けて来ました、、!

 

事前の準備物は、検尿と検便。

検便、、まじか、、、。

現代の医療において、検便はもはや昔のこと、と勝手に思っていた私は、なかなかの衝撃を受けつつ、

2回採取のうち1回しかできないまま提出。

 

注意書きによると、

胃の検査がある方は、前日21時以降の食事禁止。

…自分が当てはまってるのかを知らない←

問診票にも「A1」コースとしか書かれておらず。はてはて、どうなんやろと思いながら、とりあえず21時以降は食べずに過ごしました。

 

通勤ラッシュ初体験

当日。都内でも一二を争う込み具合の電車(ピークは避けた)に乗り、クリニックへ。

激混みMAXは避けたものの、朝ごはん抜きの私にとってぎゅうぎゅうの車内はなかなかつらかった、、。通勤ラッシュが解消されれば、もっと元気に働けるんじゃなかろうか、、とか本気で思う。

結局乗り換えて一駅のところを乗り換えてまた満員電車に乗るのが辛いと思い、一駅歩くことにしました。暑かったけど、人の熱気よりはマシ!

 

いざスタート

到着後は、着替えてまな板の上の鯉状態。

番号で呼ばれるの、なんかイヤやったなぁ。。

 

血圧→採血→身長体重→聴力→胸部レントゲン→超音波検査(お腹と乳腺)→視力→眼圧→肺活量→子宮頚がん→胃の検査

 

あっち行ってこっち行って、しばらく待ってーの繰り返し。

肺活量、、、ぜんっぜんなかった、、!笑

エコーや婦人科検診は女医さんやったので、へっちゃらぽん。むしろ、産後の戻りも気になってたのでやってもらえてよかったなぁと。

そーいや女医さん多かったきがする。

 

問題は、婦人科内診で問題ないですーと言われた後。

「では次胃の検査ですのでー」

 

…あるのね。あるよね。。

胃カメラでありますようにと願ったけど、検査場には「胃部撮影」。中から聞こえてくるのは「右に回ってー」。 

バリウムですやん。やったことないし。いい話聞かないし。。

と、急いでコツをググる。その時に排泄までがバリウム検査であることを知る←

 

バリウム

発泡剤がすこーし口に残って奥の方でシュワシュワしてた(笑)胃の中に空気がたまるあのやな感じ。ネットで見たコツ「ひたすら鼻呼吸」しか考えないようにする。

バリウムは、げっぷ我慢するのに必死の中飲んだのでそこまで不味さを感じず。最後にちょっとこぼした(笑)多分空腹過ぎたのも吉やったかなぁと思う。

あとはもう、、無心(笑)

元々げっぷが上手くない方なので、口さえ開かなければ大丈夫な感じでした。くるくる回るのもどうにか。ただ、さすがに頭下にされてうつ伏せはキツかった!こんな辛い目にあいながらする検査ってなんだよ。。

最後に「水、たくさん飲んで早く出して下さいね。じゃないとコンクリートみたいに固まっちゃうので」と脅されて検査終了。

直後に早速水2杯一気飲み。

 

バリウム排出までの苦行

11:30ごろ人間ドックが終わり、とりあえず水をひたすら飲みながらウワサの白い便とやらを待つ。とは言え元々便秘症なので、出てこなかったらどうしようとひたすら落ち着かない。行ったクリニックでは、当日中に出なければ寝る前に下剤飲んでね、の指示だったので20時ごろ飲む。そして気づく。授乳できないじゃん。。。

「授乳中の方は1日開けてから再開して下さい」との注意書き。

次男(10ヶ月)は日中授乳は卒業したものの、夜中1〜2回はまだ授乳中。でもまぁどうにかなるかな、と思っていたけど、甘かった。。

2〜3時間ごとに起きてきては泣く。パイがもらえず泣く。夜中3時の1時間に渡る攻防。。こちらの勝手で断乳させてる申し訳なさが募る深夜。

さすがに6時前に起きた時は起き上がれず、見るに見かねた母(上京中)が面倒を見てくれました。

 

とりあえず翌日にウワサのモノが出て一安心。出してる最中はとても気持ちが悪かったけども。。ってか自分の身体からあんな白いもの出るとか、ほんと気分悪い。

2日後には腸も元どおりになったので、腸閉塞の危機は免れたかなぁと思っております。

翌日夕方に再開した授乳で次男も落ち着いたしね。(ついでに私の乳も←)

 

いやー、色々初体験の1日でした!

胃カメラの方がマシなのかなぁ?

人生経験の一つ、としてならまだいいけど、定期的にバリウム検査はしたくないなぁとつくづく思いつつ、渡航という機会のおかげでがっつり自分の身体の検査もできてよかったなぁと思います。

あとは何事もないことを祈るばかり、、、!