しゅがーはいつ406

4歳と1歳の母。2017.08〜バンコク在住

こんにちは30代。

https://www.instagram.com/p/Bh24xHJBiLX/

まさかのケーキ祭りon my birthday。数ヶ月分のケーキ食べた😂#パティスリーロージー#てんとう虫ケーキ #マンゴーケーキ#BredTalkフルーツケーキ#バンコク暮らし #海外駐在



お久しぶりです。こんにちは。

ついに30代になりました。

もう子育て始めて常に30代の方に囲まれてたから感覚失ってたけど、ようやく30代になったみたいです。

 

この10年の振り返り

今思い出したら考えすぎだよ自分と思えなくもないのですが、人生最大級に色々悩んで対人恐怖症にもなって鬱っぽくなってたのが二十歳の始まり(苦笑)

就職氷河期で人生否定された気がした21歳

東日本大地震により卒業式がなかった22歳。

ありえないミスをしながら精神(と体重)をすり減らして働いてた23歳からの1年半。

結婚、そして妊娠、出産…。25歳からの5年はただひたすらに子育てで、ただその日を必死に生きてました。

 

人生のステージも激動、そして移動距離も凄いことに。

因みにGoogleマップの経路検索で調べた結果、国内移動だけで1,129km。東京→十島村(屋久島と奄美の間にある島)の距離と一致。そりゃ関西と関東往復してたらなるか。東京→バンコクは4,604kmだそうです。おぉ…。

 

○○の20代に何が入るのか?

…忙しない?人生の迷子?

迷いながら凹み続けた就活。結果とりあえず内定出たしで就職したら案の定向かなすぎてトラウマまみれ。結婚で退職して、流石に暇だわ働こうと思った矢先の妊娠。孤独な育児。やっと慣れて友達の輪も広がり色々始めようとしたら訪れる非情な辞令…。

ただただ目の前に差し出される現実を受け止めて対処するので精一杯だった10年。キラキラとキャリアを積む同世代の横で所帯染みていく自分が嫌になることも。楽しいことも沢山あったけど同じくらいモヤモヤしてた。このままでいいの?って。

じゃあ…葛藤の20代かなぁ。うん、なんかthe☆20代っぽい!笑 でも20代の10年ってやっぱり大きいと思う。それまで大体一緒で、何なら進学するたびに洗練されて更に価値観が似た人が集まるような生活から一転、就職があって結婚や出産、転勤に転職…1歩社会に出たらみんながてんでバラバラの方向に散っていく感じ。その中で再度紡がれる縁もある。でも今までのように試験もなくこの道が正解だよと言ってくれる人もいない。後悔しない人生って何って思いながら進んでいく感じ、とても20代っぽいね笑

私の20代、葛藤の時代でした!

 

これからの10年の展望

っつっても住居のベースが決まらないので何とも言えませんが笑

漠然と思うのが、「親子の味方になりたい」。

女性の社会進出とか女性管理職増やすとか色々ありますけどね、1人くらいあの家にはいつもかーちゃんがいるっていう家があってもいいんじゃないかと思ってて。「今日うちの親仕事で遅いんだってー」っていう子に「んじゃうちでご飯食べていきなさいな。宿題しなはれ」的なことを言えたらなと。もう完全にお節介おばはんやね笑

娘なら女友達連れてきて簡易アイシングクッキー教室とかパン教室ではとか開けるのにー。メンズはいつまで付き合ってくれるかしら?

 

とは言え専業主婦歴5年半、やっぱり自分で気兼ねなく使えるお金が欲しいのよ。バンコクに来て完全に支給型になったからこそ余計思う。働きたいなーって。あと駐在が終わる頃には下も幼稚園に入ってるだろうからなんか刺激欲しいよね。

ってわけで思うのが、家事代行のお仕事に現在非常に興味を持っておりまする。産後ドゥーラやタスカジさん等々、お金ももらいつつお母さんの力に!みたいなね。実際今雇っているからアウトソーシングの良さをつくづく感じているよ笑 完全なるボランティアでやれたらいいのかもしれないけど私もそこまで志高くなくてね。あと金銭が発生することで頼みやすくなることもある。そうやって経済が回っていくのもいいんでないかい?笑

 

キャリアがなくてモヤモヤ悩んだ20代。無い物はどうしようもない、じゃぁその間何してた?と振り切れたので今の技を磨いていける30代にしたいね。

「外」は頑張って来てください、「中」はお力添えします。って言えるようになりたいなー。

 

まぁそんな崇高な志を掲げた30代の始まりの日は、まさかの次男発熱からの寝る直前に熱性けいれんを起こすというスペシャルなプレゼントをいただきましたよ…。他人もいいけど、まだまだお前の子育て終わらんぞという戒めですね。

…はい、男児2人のかーちゃんこれからも気張ります。ってか他人の家を気にする前に、自分の家族がちゃんと帰ってきたくなる家を築いていかなきゃね。

長男、幼稚園初年度無事終了

https://www.instagram.com/p/BgEIfj7FAz0/

#westingrandesukhumvit の#ハイティーいちご祭り🍓🍓テリーヌのしょっぱさとイチゴジャムの甘さが絶妙に合っていて感動モノでした。バンコクでおいしいイチゴ食べられてしあわせ💕#海外駐在 #バンコク暮らし #写真がぶれた笑

 

お友達に誘われたアフタヌーンティー。とても大満足でした。今はロージーのアフタヌーンティーが気になっております(Twitterに影響されすぎ)

 

2園通った年少組

日本で1学期、タイで2学期の途中から現在まで、初めての集団生活に加えて海外引越しという大きな環境の変化を経験した長い1年が終わりました。

 

うん、我が息子ながら頑張ったなぁ。

今はもう、日本の幼稚園でのクラスメイトの名前はあまり思い出せないようです。2〜3人は時々思い出したかのように出てきますが。たった3〜4歳の子が1年で70人以上の子と「はじめまして」だったんです。ポロポロ抜け落ちていくのも仕方がない。更には学年やセクションの違う幼稚園の友達、先生、本帰国で帰った子、新しく入園してきた子…。接する人を覚えるだけでも大変でしょう。

せっかく覚えた日本の幼稚園のルーティンも、タイに来たらガラリと変わり、単純なご挨拶ですら園によりけり。持ち物だって全然違う。

子どもは順応性が高いと、見ていて常々思いますが、それでもやっぱり彼なりにいろんな葛藤の中で過ごした毎日だったのかな、と。

日本でタイ行きたくないと泣いたことも、タイで日本に帰りたいと泣いたこともありました。寂しいから幼稚園から早く帰ってきたいという日も。それでも半ば追い出されるようにしながらも、病欠以外はせず、帰りのバスから元気に飛び降りて、たのしかったー!と言ってくれたのは本当にありがたいなと。

 

年を越したあたりからコンドのお友達の輪にもずいぶん馴染み、家を行ったり来たりできるようになったのもありがたや。

どうしても下にかかりきりになってしまう毎日で、あまり構ってあげられない日が続いてしまっているけども、「あそぼー」と声をかけてくれるお友達ができて本当に良かった!まだまだ4歳児だし、周りも幼稚園児なのでうまく遊べず半べそかく日もありますが、概ね仲良くやってるかな。

 

すごく慕っていた年長組の男の子と、同じ年少組で同じクラスだった女の子が同時に本帰国になってしまったことが本当に残念。しかし、ウチは女の子の運が本当にないなぁ。楽しく遊び出した頃にお別れがきてしまうね。残念すぎる。高校生くらいに劇的な再会しないかしら笑

でもきっと春にはまた新しい子が入るだろうし、コンドにもまだ同級生はたくさんいるので、彼なりにまた楽しく過ごしてもらいたいなと思いますね。

 

たくさんの成長を見せてくれた1年でした。

母ちゃんも負けずに頑張らねばー。

どうかどうか来年度も毎日笑顔で帰って来ますように。

 

レディースデーの過ごし方

https://www.instagram.com/p/BfkMa4EHenl/

エカマイsoi10のsteps with theeraにて子連れ会。大人4人1歳児4人でランチ。キッズスペースがあるだけあり、子連れにとてもとても優しいお店でした。頼んだラザニアが予想以上に甘くてちょっとマイナス😅ほかのお料理も食べてみたいー!#カフェランチ #海外駐在 #バンコク暮らし

 

 

 

本日は、女性特有の月1のアレの話

*ってなわけでそういう話が嫌な方はどうかこのままお戻りください。

 

 

 

女性にとって、ただただ面倒な月経というシロモノ。(私だけ?)

子供を授かるために必要なのは分かってはいるが、いざ妊活!と思うと毎月来ることが恨めしく、妊娠出産と授乳でしばらくの空白期間を置くと更に面倒なものなんだなと再認識。

そして歳を重ねるごとにその前後のホルモンバランスの崩れが如実に心身に現れてきました…。つらい。

 

そんなレディースデー、みなさんはどんな対策をしていますか?

メジャーなのは使い捨て紙ナプキンかなと。

あと一部布ナプキン派?

 

私は月経カップ+布ナプ併用派です。

 

↑これ。

宋美玄先生が紹介したこともあるのでご存知の方もいらっしゃるかな、と。

 

因みに、私のレディースデー対策遍歴は

スタート:紙ナプキン

長男出産後:布ナプキン

次男出産後(バンコク在住になってから):スクーンカップ+布ナプキン

って感じです。

 

まぁきっかけはコストやら生活環境の変化やら。そして体質の変化。 

出産でしばらくのおやすみ期間を経た後から紙ナプ(特に夜用)を長時間つけてると痒くなるようになってしまったのです。。ツライ。

 

海外在住子持ちにオススメしたい

月経カップ、慣れるまでは少し大変ですが慣れてしまえばもう戻れないです。(もちろんイレギュラーなことはあると思うけども)

ここで私が海外(というかバンコク笑)在住の子持ち女性にオススメしたい点がいくつか。

  • 子どもとお風呂に入るのが楽

現在我が家はバスタブ付きのシャワーを使っています。しかしユニットバスなので、お湯を溜めることはありませんし、日本のように身体を洗うところが別にあるわけでもありません(シャワーブースはありますけどね。シャワーが固定だから子どもには向かない…)。そうするとお風呂が下手をすればなかなかにサスペンスな状態になるわけで笑、そんな時に月経カップは大活躍です。つけたまま入れるので、垂れる〜と思わずに子どものお世話に集中できます。また、お風呂上がりもパンツパンツ!と焦らないので走り回るお子、どんとこいです笑 入れてる部分が目立たないのもありがたや!

 

  • 妙な匂い付き(笑)のモノを買わずにすむ

噂のメンソールとか(笑)いや、せっかく来たんだから!で使ってみることに関してはどうぞお試しください!なんですよ。ただ、買いたくないけど仕方ないよね〜的な人には別の手段もあるよと伝えたい。

 

  • どんな暑い日でも蒸れない

先述しましたが、私がいつからかとても敏感肌になり、紙ナプキンだと蒸れるように。特に暑い日は汗も加わり痒くなったりすることも出てきました。その点、月経カップは入り口のみに蓋をしている感じなのでなんの不快感もありません。ナプキンと肌の間で汗をかくのが一番の要因だったようで、布ナプキン月経カップでは今のところ肌トラブルに見舞われていません。

 

  • トイレと洗面台が同室にあるからお手入れが楽

これ、私の中でいちばんのメリットやったんですけど、よくよく考えたら最近タンクレストイレ主流でトイレの中に別で手洗い用シンクがある家たくさんあるわーと思い、大したことではないと気づきました笑 今まで住んでた家が全部タンク有りで洗面所が別だったんだよう!笑

月経カップは1つを使いまわします。中に溜まった経血を排出し洗って再度挿入が基本なので、トイレと同室に洗面台+石けんがあるに越したことはありません。

 

  • 荷物が増えない

ただでさえ子どもとの外出は荷物が多いです。オムツ、飲み物、食べ物、着替え、、、できる限り荷物を減らしたいのに、そこに自分のナプキンセットを足す…。そしてトイレに行ってすぐ出したいのに子どものものがごちゃごちゃで見つからない。。子どもと二人っきりの外出で自分のトイレなんて1秒でも短く済ませたいのに!みたいなちょっとしたストレスからも見事に解放されます。というか、そもそもの装着限度時間も結構長いのでちょっとした外出程度でわざわざ取り出す必要はありません。

 

デメリット

慣れるまではトラブル続きです。

  • 漏れる
  • 入らない/抜けない
  • 脱着に時間がかかる
  • 抜ける…等々

初回はもういいやと思うくらい上手くいきません。色々ネットで体験談も読んだけど最初っからこれか!と最適解を見つけられた人はごくごく少数のような。。だけどそれなりにコストかけたので1回で諦めきれず続けました。結果として、バンコクで生理用品を購入することなく現在まで至っております。元手はとったZE!笑

 

まとめ

現在も一滴も漏れないというわけではないので(私が下手なだけ?)、念のためにかるい日用の布ナプキンを敷いてはいますが、一日1枚程度のため洗濯も非常に楽です。そしてサニタリー用ショーツは全く使用していません。おかげさまで肌に関するストレスフリー。布ナプ特有の洗濯物の多さも外出先で汚れたナプキンを持ち帰らねばのデメリットも解決。あぁらくちん♪

バンコクで果たして手に入るのか。。?というのはまだ未リサーチですが、春は一時帰国ラッシュですし、現在楽天さんはセール中ですし?、ご興味があれば一度試してみる価値はあるのではないかなと思います。

在タイ半年になりました

https://www.instagram.com/p/Be4IcnVH6tH/

そして自作バナナスコーンいつもは薄力粉+BPのところを、今回は強力粉+ドライイーストにしてみました。やっぱり小麦粉の量は同じでも強力粉の方がどっしりしてるかな、と。今度比較したいなー#小麦のある暮らし #おうちパンマスター #吉永麻衣子先生レシピ #バンコク暮らし #海外駐在

 

スコーン大好きな友人に触発されて、自家製スコーン。

間違えて買った紫イモバージョンは、いもに口中の水分をもっていかれて大変でした笑

いっぱい作ってしまいまだ冷凍庫に生地が残っている。。どうしよう。

 

在タイ歴半年を迎えました

色々悩んだり、悲しくなったり、寂しくなったり…決して順風満帆な生活ではありませんが、がむしゃらに生活してたらいつの間にやら半年になってました。

この半年で思うこと

  • 意外とホームシックになってない
  • 日本語+少々のタイ語+少々の英語で割とどうにかなる。
  • 知り合いエンカウント率が過去最高
  • タイ料理まだ苦手ですよ
  • 人付き合い、下手くそやなぁとつくづく思う
  • 感情の起伏は落ち着いたかな。。

って感じですね。

日本で友人たちが会っているのを見るとうわーと思う時もありますが、あんまり帰りたい!!!と思うほど辛いこともないなぁと。いや、一瞬は思うんですけど、寝たら回復してるのでそんなレベルです。

スクンビット界隈でしか生きていないので(エカマイ〜サイアムが活動圏内)割と日本語通じます。タイ人も日本人慣れしてるしね。まぁそんなこんなで狭い世界で生きているのでスーパーや病院等での知り合いに会う確率が今まで以上に高いです。そしてみなさまキレイにしてはる横で思いっきりすっぴん眼鏡の私← 預け始めたらもうちょっと気を遣おうかしら(あんまりやる気ない)

初めましての方も増えて、お会いした時は楽しい反面毎回あれ失敗したなーとかひとり反省会を繰り広げています。気にしすぎ?初対面の時は緊張が加わっておしゃべりしすぎてしまうタイプです。。。調子のって言わんでもいいこと言うタイプ。

先日までせっかくやしタイらしいことやって帰りたーい!とか春から次男も定期的に預けるのだから充実した生活をせねば!とか色々悩んでいたんですけど、なんかその辺も吹っ切れましたね。タイらしいこと、はまだまだするであろうアテンドの時に経験すればいいだけで、興味もないのにタイにこだわらなくてもいいんじゃないかなと。やりたいことがタイにあれば、日本でできることであろうとやってみるのもいいかなぁと。タイと日本何が違うって2歳足らずの子どもを割と気軽に預けられるところだと思います。日本で専業主婦だとそうもいかないですしね。成長をすぐ横で見られない寂しさもないことはないけれど、自分の自由時間も欲しいですよ、そりゃぁ。

 

学生時代の半年に比べて、人間関係の構築スピードは亀のようなのろさになっていますが、ようやくどこに居てもとりあえず知り合いいてるかな?と思えるようになってきました。それか居なくてもまぁいいやと思えたりする。

どうにかして居場所作らなきゃ!的な焦りは、今はないかな。まぁこの3月で幼稚園のクラスは随分顔ぶれが変わるらしいし、今頑張らなくていいやーと思えたのが一番の要因かな。

興味あることがいくつか出てきて、それをお友達誘ってやるか、一人で突き進むか、を悩んでるくらいです。(多分ひとりでやるけどw単独行動わっしょい!)

 

あとはもう少しタイ語頑張りたい。まだまだコンドのエンジニアに伝わらないことも多く、タイミングが良ければアヤさんに状況を説明してもらったりもしてるので。。こないだまでは座学メインって感じやったので、会話メインのところにいってみたいなぁ。

タイ文字は参考書とにらめっこしながらぼちぼち独学でやってます。時折読めてとても楽しい。

 

今は、タイがと言うよりは単純に2人の怪獣の面倒を見ることが大変で、自分のことに悩むほどの体力がないって言うのもあるかもしれません。

こっち見て長男と見てないと平気で危ないことやらかす次男を同時に見るの辛い!

アヤさんやコンドのお友達の手を借りながらどうにか毎日過ごしています。

 

これからも色々悩んだり、辛くなったり、今度こそ日本帰りたい!と強く思うこともあるかもしれませんが、結局のところ期間限定ですし、なるべくこの生活を楽しんで、帰国した後に家族みんなで懐かしく思えるような場所にしていけたらと思います。

 

元ジャンキーのつもりでした

f:id:sugerheights406:20180124233130j:image

念願のハロッズのスコーン♡

前を通るたびに次男坊が手を伸ばすのでいつかサービス券とか貰えないかなぁとか切に思う笑

 

 

実はかれこれ15年ほどaikoのファンをやってます。そしてaikoのファンのことを「ジャンキー」と界隈では呼びます。

今日のタイトルはそこからきておりましてね。

きっかけは、なんだったけかなー?中2の頃、ジャンキーの人とチャット(もはや懐かしい響き…!)で知り合ってめっちゃオススメされて聴いてみたら良いじゃないか!ってなったのよね。

もちろん有名どころの「カブトムシ」や「花火」は知っていたのだけども、アルバム収録曲やカップリングに名曲があると知り、ふわっとハマっていきました。

中高時代は周りに布教しつつ、1人で楽しんでいて、大学1年生の時に初めて同じレベルでaikoが好きな友人と出会い、ライブに行くようになり…、私の青春時代割と捧げたんじゃないかなと思います。特に思春期以降恋をしてからは今の気持ちはこれー!と当てはめていたので、色々思い入れがあってしばらく聴けなくなった曲もいくつか…笑

 

とは言え、この15年で私の生活はガラリと変わりました。

恋を知る前の段階から、気づけば2児の母に。

恋の歌を素直に聞けない荒んだ大人に。

妊娠出産育児でライブから離れ、次男妊娠直前に行ったラストライブ。

aikoは好き。だけど、ライブはしばらくいいかなぁと思った。理由はよく分かんないけど、多分、今の自分「家事」と「育児」しかないなってポツーンとしちゃったんやろな。aikoと一対一に思えたらよかったのかもしれないけど、どうしても周りを見てしまって、キラキラ女子に囲まれている気がして、なんだか1歩引いてしまった自分に気づいたわけです。

 

曲もね、ちゃんと聴けてなかったし。

昔みたいにイヤホンつけて移動中聴くことがなくなって、家の中は常にEテレ、しまじろう…。

テレビ出演だけは追いかけていたけど、いつのまにか昔みたいに全部見逃さないように!ってほどのパワーを注がなくなっちゃった。

所帯染みた私は昔ほど歌詞に共感もしなくなり、ファンクラブの会報もチラッと見て終わりになってました。

 

なので、バンコク異動を機にファンクラブも携帯サイト会員も脱退してきたんです。

もともとファンクラブ入ったのもライブに行きたかったからやしね。

 

そんなこんなでジャンキーは卒業して、ふわっと「あーaiko好き〜」くらいな感じでTVもついていたら見るくらいの気楽に聴いていたのです。

 

ただ、そんな時にやってきましたこの曲。

aiko 『月が溶ける』music video - YouTube

 

これ、別にサーチしたわけじゃないんですよ。

何か別の事が気になってyoutube開いたらオススメリストにあって。

そして一瞬で心奪われて今に至る…というわけです。

twitterではライトな感じで愛でてるとか書いてたけど嘘ですごめんなさい。好きです。もうめっちゃ好きです。ついていきます!とかいう変なテンションになっちゃってます。

メロディーが、とか歌詞が、とかは当たり前なんだけど、この最後にアカペラでaikoが歌うシーンがあってそこに全てを持っていかれました。細胞に染み入るって表現が多分1番正しい。ただ純粋にこの人の歌が好き、声が好き、歌い方が好きなんやなって気づいた。

なんで一歩引いたところに行ったつもりやったんやろう。ライフスタイルが変わったところで嗜好なんてそうそう変わりやしないのに。ましてや10年以上続いてるならなおさら。

 

ありがとうaikoさん。ちゃんと思い出したよ。

今しばらくは無理やけど、日本に帰って子育てが落ち着いて夜の外出が出来るようになったらまたライブに行きたいな。それまで歌い続けてくれるかな。

そういえば、ライブで聴きたい曲ベスト1をまだ聴いていなかったんだ。

 

まだまだ好きでいさせてください。

そんなことに気づかせてくれた2018年。奇しくもaiko20周年の年ですね。お祭りあるかなー??

今更ながらのクラビ旅

 f:id:sugerheights406:20180123235848j:image

 

12/30〜1/2まで家族でクラビに行きました!

ありがたいことにお天気にも恵まれ、家族4人丸焦げになり、皮がめくれたりしながら帰ってきました笑

 

クラビはタイ南部、プーケットにほど近いビーチリゾート。日本ではあまり知られていないため、日本人が少ない観光地です。

2年ほど前にさま〜ずがロケに来たようですね。

スワンナプーム空港からクラビ空港までは約1時間。東京⇔関空と同じような感じだったので、(公共交通機関慣れしてる)乳幼児連れでもギリ保つかなってとこですね。

 

ホテル着。

今回利用したのはpakasai resort

Pakasai Resort : Boutique Resort, Ao Nang, Krabi

 

本来はバスタブのないタイプの部屋でしたが、チェックイン時にアップグレードしてくれてバスタブあり・ベビーベッド付きのお部屋になりました!やったね♪

癖のないシンプルなお部屋で使い勝手は良かったです。

石鹸類のアメニティーはそこまで充実していないので、トラベルセットを持って来た方がいいかなー?まぁ目の前にセブンがあるので何か足りなければそこで調達できます。

 

f:id:sugerheights406:20180124001320j:image

フロントの奥にはいろんなオブジェが上がれていました。探すの楽しい笑

 

f:id:sugerheights406:20180124001449j:image

子どもの遊び場もありました。

ただ、虫がたくさん飛んでいたり、にわか雨で地面や遊具が濡れていたため今回は利用せず。正直使われている形跡は…でした。

 

ホテル内レストランはタイ料理のみ。

ただし、隣に結構賑わっていたイタリアンのお店はあります。あと、ビーチまで出たらファストフードも。

 

アオナンビーチまでは歩いて10分ほど。

歩道があって歩きやすかったです。

 

f:id:sugerheights406:20180124002019j:image

ここでウチの息子ズはひたすら砂遊び笑

初日と最終日に砂まみれになりながら遊んでました。

全力で遊ばせてたら、通りすがりのファランのおじさんにサムズアップをされました。なぜだろう…?笑

 

f:id:sugerheights406:20180124002341j:image

2017年最後のサンセット。とてもきれいでした。

 

離島タップ島にも行ってきました。

 

f:id:sugerheights406:20180124002452j:image

こんな船に乗ってアオナンビーチから15分ほど。

10時過ぎに向かったのですが、グループで乗るタイプのものは安いのですが帰る時間が15〜16時で流石にそんなに長居はできないなぁと思い、少しお値段が張りましたが貸切クルージングにしました。子連れ旅、無理はいかん!

 

ちょうどいい時間に行ったため、干潮時の隣の島までの道ができるところを見られたり、海がとてもきれいで肉眼でお魚さんが見えたり、砂が真っ白だったりと、リゾート感満載でした!

(ここで全員がっっつり日焼けをする)

 

f:id:sugerheights406:20180124002546j:image

満潮時

 

f:id:sugerheights406:20180124002603j:image

干潮時

 

あとはホテルでダラダラしたり、プール入ったり、お買物…はあまりできなかったけど、ご飯を食べたり。。

もう意思がはっきりしている4歳男児を連れているので、色々モメたりもしましたが、それでもずいぶん楽しかったようで3週間近く経つ今も時々話のタネになっています。

 

実は初めての家族旅行(じじばば込みは何度かあり)。

大人の数の少なさに正直不安もありましたが、行ってよかったなーと。

子どもたちは初めての海を存分に楽しんだようです。帰りたくない〜の泣きは大成功の証ですよね??

せっかくなので、タイ近辺の楽しそうな場所にもっと挑戦してみたくなりました。

 

次はどこにしようかな〜(*^^*)

 

※因みに蚊は多かったです。めちゃめちゃ刺されました。。

行かれる際は虫除けとムヒを忘れずに!!(薬局も多いので「ユン ガット(蚊に刺された)」と言えばなんか出してくれます)

さようなら2017、こんにちは2018

新年明けましておめでとうございます。

遅すぎる挨拶ですみません。。

 

年末年始はクラビに行ってきました。その話はまた改めて書くとして、

とりあえず2017のまとめと2018の抱負を(今更

 

2017年は光の如く駆け抜けた1年でした。

そもそも2人目育児もまだ要領が掴めずてんやわんや。そんな中飛び込んで来たバンコク異動の速報。

忘れもしません。2月末、子どもたちのお昼寝タイム、私も寝ぼけながらに取った電話から聞こえた一報を。寝ぼけすぎて「万国なんて地名(日本に)あったっけかなー?」とか思うくらい。

 

夫が発つまでの1ヶ月間。不安が募りすぎて夫に当たり散らし、泣き喚き、夫婦喧嘩もたくさんしました。今となっては夫も急な辞令で色々あったやろうに、家の中を不穏にしてしまい申し訳無かったなぁと思っています。

最終的に腹を括った決定打は、父からの「お前ら(子どもたち+私)が本帰国までウチで生活するって方法もあるからな」でした。どうしても無理なら帰ってこよう。帰る場所はある。じゃぁ頑張ろうかな、と。義母にこの話をしたら「そんなの当たり前よ!息子は仕事だから仕方ない部分もあるけど、あなたたちが無理してまで付き合う必要はない。しんどかったら帰ってきなさい。」と言ってくれたのもありがたかったです。

 

結果、前向きな気持ちで夫を送り出せたので本当に周りの人に感謝です。

 

4月からは完全ワンオペ。

長男の幼稚園も始まり、週3のお弁当作りやら幼稚園行事、次男の予防接種や離乳食など、もう毎日寝落ちのすったもんだ。あげく集団生活の洗礼を浴び、兄弟感染して完治まで程遠い日々を過ごしたり…。

正直あんまり記憶ないなぁ。おんぶに抱っこ状態で面倒を見てくれた義母様には感謝しかない。

そんな中でも隙間見つけて多くの人と会うことができて、一応直接ご挨拶ができてよかったなと。いい報告もいくつか聞けたしね。

 

嵐のように通り過ぎた1学期を終え、ビザも無事取得して、最後は実家生活。

1ヶ月弱の実家生活は、最後2週間くらいはヒマなく人に会ってた気がするなぁ笑 両親+姉家族とユニバに行って楽しい思い出もつくれました。

 

そして8月末から始まったバンコク生活。

虫やらヤモリやらにそうそうに遭遇し、あぁぁぁとなったり、外に出ると私以外のみんな知り合い同士なんじゃない??って思うほど孤独感に苛まれたり、既存コミュニティ怖ーいってなったり色々ありましたが、

なんとかそこそこ楽しくやってます!

 

アウェイだったコミュニティに少しづつ馴染み、SNS通してできた知り合いもいたり、特に共通事項ないけどやたら会うよね?的な人がいたり笑…、何せ外を歩く時の孤独感は減りました。

日本人多いおかげで、生活圏内は何となく英語と何となくタイ語と日本語で生活はできる。

どうにかどうにか手探りですが、子どもたちものびのび過ごせてる。(12月中旬〜末まで絶賛風邪weeksでしたが)

 

おかげさまで年末に旅行行こうって気にもなりました。

 

お寺もまだまだ行ってみたい。タイ語もせっかくだから習得したい。広い家やし、ピアノとか楽器を数年ぶりに習いたいなーとか思ったり。笑 やりたいことも生まれる余裕が出て来ました。

今年は「やりたい」を「やってみた」にしていきたいし、友人が来た時に「ここオススメ〜」と紹介できる場所をつくりたい。

日本にいてたら出来ないであろう経験をたくさん積んでいきたいですね。

 

ってわけで今年の目標!

○歯医者に行く←

健康第一

○無理しない程度に外の世界へ行く

○ブログ、月1更新←

 

どうか今年もよろしくお願い致します!!

読んでくれた皆様が幸せな年になりますように♪

 

2018年 1月

sakko