しゅがーはいつ406

3歳と0歳の母。夏にバンコク駐在予定。

7月は体調不良の嵐

f:id:sugerheights406:20170710113708j:image

離乳食中期の次男用、ほうれん草スティックパン

ほうれん草みじん切りが雑で綺麗な緑にならず。。葉が少ないのかな?

次男さまは細かく細かくむしるだけで、手づかみ食べには程遠い状況です。

 

長かった夏風邪week

6月末からの夏風邪ファイヤー、ようやく7/7七夕の日に鎮火いたしました。

次男が結局坐薬のお世話になること1週間。毎夜9度以上まで上がり続けて、看病するこちらの気持ちも滅入る毎日でした。坐薬のおかげか、毎日夕方ごろまでは7度後半くらいなので、いちいち期待してはご飯の支度の頃にはぐったりし始めるの繰り返しで。。

2度の再診でアデノウィルスとRSウイルスを調べるものの陰性。血液検査や吸入など、長男かしたことのないようなことも行い、乳幼児医療無料の恩恵を存分に受けました(笑)タダってありがたい!

 

悲劇は更に続く。。

夏風邪weekが終了直後、和歌山から母が1週間ほど滞在して引越し準備を手伝ってくれました。

そんな最中、幼稚園からの連絡メールにてヘルパンギーナ手足口病がはやっています」とのこと。

まぁ大丈夫やろ、と謎のタカをくくった私。

しかーし、ばぁばヘルプもラスト2日、じぃじも合流したよ★の7/16。長男寒気を訴え9度近い熱を出す。とはいえ、その日は朝から色々ありまして、ハードな1日だったので知恵熱くらいかなーとか悠長に構えてました。次の日下がったし。

手足にね、ブツブツも多少あったんですけどね。長男乾燥肌のあせもマンなので割と年中何かしらの発疹をかかえてるんですよ´д` ; だから全く気づいてませんでした。

19日に幼稚園の担任の先生から確認の電話。とはいえ、もう終息に近いし夏休みまであと1日なので情状酌量の余地ありとのジャッジをしていただきました。(あと1日で退園だから、だいぶ多めに見ていただいた感じ)

 

そして兄弟感染

長男が熱を出した3日後、次男も何か熱っぽい。けどバタバタしてたため熱測らず。

ひざとひじに発疹あり。でも手のひらや足の裏、口内炎も出来てなさそうだったので超グレーゾーンで乗り切ろうとする←

がしかし、次男の方は発疹が広範囲で、口にも出来たのでほぼ確定。とは言え、食欲もあり、機嫌もいいので病院には行く必要もないかなーと思い自宅観察。

 

間も無く咳が出始め、寝ている時も咳で起きるようになったので昨日初めて病院へ行きました。
案の定咳止めのお薬だけ出されて終わり。元気なら公園に行っても大丈夫とのお言葉をいただき、帰ってきました。

2日前くらいに発疹はピークだったようで、随分かさぶたになってきました。薬のおかげで咳も止まり、今日は落ち着いているようです。このまま終わりになってほしい、、!

 

そんなこんなで今日は荷物の搬出日。子どもたちを義母と義姉に預け、私は荷物の現場監督中です。
結局7月はほぼほぼ病人対応の毎日でした。。明日実家に移動できそうでよかった!

 

人生初の人間ドック

f:id:sugerheights406:20170714204905p:image

 

義母から朝採れトウモロコシを頂いたので、トウモロコシご飯に。

土鍋ご飯とトウモロコシの相性最高でした(´∀`)

 

 人生初の人間ドック

24歳で仕事を辞め、定期検診など受けるわけもなく、なんなら妊婦健診くらいしか病院に行くこともなかった5年間。先日、ドキドキしながら受けて来ました、、!

 

事前の準備物は、検尿と検便。

検便、、まじか、、、。

現代の医療において、検便はもはや昔のこと、と勝手に思っていた私は、なかなかの衝撃を受けつつ、

2回採取のうち1回しかできないまま提出。

 

注意書きによると、

胃の検査がある方は、前日21時以降の食事禁止。

…自分が当てはまってるのかを知らない←

問診票にも「A1」コースとしか書かれておらず。はてはて、どうなんやろと思いながら、とりあえず21時以降は食べずに過ごしました。

 

通勤ラッシュ初体験

当日。都内でも一二を争う込み具合の電車(ピークは避けた)に乗り、クリニックへ。

激混みMAXは避けたものの、朝ごはん抜きの私にとってぎゅうぎゅうの車内はなかなかつらかった、、。通勤ラッシュが解消されれば、もっと元気に働けるんじゃなかろうか、、とか本気で思う。

結局乗り換えて一駅のところを乗り換えてまた満員電車に乗るのが辛いと思い、一駅歩くことにしました。暑かったけど、人の熱気よりはマシ!

 

いざスタート

到着後は、着替えてまな板の上の鯉状態。

番号で呼ばれるの、なんかイヤやったなぁ。。

 

血圧→採血→身長体重→聴力→胸部レントゲン→超音波検査(お腹と乳腺)→視力→眼圧→肺活量→子宮頚がん→胃の検査

 

あっち行ってこっち行って、しばらく待ってーの繰り返し。

肺活量、、、ぜんっぜんなかった、、!笑

エコーや婦人科検診は女医さんやったので、へっちゃらぽん。むしろ、産後の戻りも気になってたのでやってもらえてよかったなぁと。

そーいや女医さん多かったきがする。

 

問題は、婦人科内診で問題ないですーと言われた後。

「では次胃の検査ですのでー」

 

…あるのね。あるよね。。

胃カメラでありますようにと願ったけど、検査場には「胃部撮影」。中から聞こえてくるのは「右に回ってー」。 

バリウムですやん。やったことないし。いい話聞かないし。。

と、急いでコツをググる。その時に排泄までがバリウム検査であることを知る←

 

バリウム

発泡剤がすこーし口に残って奥の方でシュワシュワしてた(笑)胃の中に空気がたまるあのやな感じ。ネットで見たコツ「ひたすら鼻呼吸」しか考えないようにする。

バリウムは、げっぷ我慢するのに必死の中飲んだのでそこまで不味さを感じず。最後にちょっとこぼした(笑)多分空腹過ぎたのも吉やったかなぁと思う。

あとはもう、、無心(笑)

元々げっぷが上手くない方なので、口さえ開かなければ大丈夫な感じでした。くるくる回るのもどうにか。ただ、さすがに頭下にされてうつ伏せはキツかった!こんな辛い目にあいながらする検査ってなんだよ。。

最後に「水、たくさん飲んで早く出して下さいね。じゃないとコンクリートみたいに固まっちゃうので」と脅されて検査終了。

直後に早速水2杯一気飲み。

 

バリウム排出までの苦行

11:30ごろ人間ドックが終わり、とりあえず水をひたすら飲みながらウワサの白い便とやらを待つ。とは言え元々便秘症なので、出てこなかったらどうしようとひたすら落ち着かない。行ったクリニックでは、当日中に出なければ寝る前に下剤飲んでね、の指示だったので20時ごろ飲む。そして気づく。授乳できないじゃん。。。

「授乳中の方は1日開けてから再開して下さい」との注意書き。

次男(10ヶ月)は日中授乳は卒業したものの、夜中1〜2回はまだ授乳中。でもまぁどうにかなるかな、と思っていたけど、甘かった。。

2〜3時間ごとに起きてきては泣く。パイがもらえず泣く。夜中3時の1時間に渡る攻防。。こちらの勝手で断乳させてる申し訳なさが募る深夜。

さすがに6時前に起きた時は起き上がれず、見るに見かねた母(上京中)が面倒を見てくれました。

 

とりあえず翌日にウワサのモノが出て一安心。出してる最中はとても気持ちが悪かったけども。。ってか自分の身体からあんな白いもの出るとか、ほんと気分悪い。

2日後には腸も元どおりになったので、腸閉塞の危機は免れたかなぁと思っております。

翌日夕方に再開した授乳で次男も落ち着いたしね。(ついでに私の乳も←)

 

いやー、色々初体験の1日でした!

胃カメラの方がマシなのかなぁ?

人生経験の一つ、としてならまだいいけど、定期的にバリウム検査はしたくないなぁとつくづく思いつつ、渡航という機会のおかげでがっつり自分の身体の検査もできてよかったなぁと思います。

あとは何事もないことを祈るばかり、、、!

専業主婦が病児保育について考える

f:id:sugerheights406:20170701160534j:image

 

本日のパンはドデカパンミルクハース風

中にイチゴの粒ジャム入り。もうちょいジャム入れた方が美味しかったかな。

 

 

さて、病児保育について、を考える前に考えるに至ったその背景をば。

 

  1. 長男発熱
  2. 次男預けて長男を夜間診療へ
  3. 兄弟感染
  4. 長男預けて次男を病院に
  5. 長男回復
  6. 次男も回復傾向、、?(イマココ)

 

この1週間の出来事です。

長男が夏風邪をひきました。38度以上の高熱が続き、ようやく本日36度台をキープするまで回復しました。

そしてやっぱり弟へ感染。この子は40度近くまで上がりヒヤヒヤしたもんです。汗をかきはじめたので明日には熱が下がればいいですが。

そんな感じで順番に熱を出したので、その時々で病院に連れて行く必要があったのですが、その際義母様大活躍。たまたま長男が熱と咳でぐったりしはじめた段階の時に義実家にいたので、そのまま次男を託し長男だけ連れて21時まで開いているかかりつけの小児科へ(まさかの2時間コース。。。)次男に感染した時も、偶然仕事が休みだったおかげで長男(38℃の発熱中)を見ててもらうことができました。

 

歩ける方に無理をさせられない場合高確率で無理ゲーになる

今回2回病院に行かねばならなかったのですが、長男の診察のときは夜のため激混みな上、待ち時間の間に眠たい時間と重なってしまいグズグズ状態。次男抱っこしながらだと長男には歩いてもらわねばならないので厳しかっただろうなぁと。

また、次男発熱時は長男もまだ8度以上ある状態で外に連れ出せるわけもなく。かと言って高熱の3歳児を1人お留守番にして家を空けられはしないので。お天気が良ければ自転車でシャーっと行けたのかもしれませんが、あいにくの雨。。義母にLINEを入れ返信待ちの間にもはや2人連れてタクシーしかないか??と病院予約しながら色々考えあぐねました。

 

病児保育のセーフティネットをつくるべきだった

こんなとき、区の病児保育が受けれる保育園の登録だけでもしておいたらよかったかなぁとつくづく思いました。今調べたら、近くにあると思っていたところは去年閉鎖していたようです(゚o゚;;あぶねー。行けそうな範囲では一つだけ。そこは丸一日預かりだけど定員が4人、うーんこれまた怪しいライン。…というか1日預けたいわけでもなく、病院に連れて行く1〜2時間だけ見ていただければそれでよいのだけども。。。

 

ベビーシッターサービスを利用?

お子さまの安心安全を第一に考える病児保育のフローレンス│東京・神奈川・千葉・埼玉の病児ベビーシッター

病児保育と言ったらフローレンス。(私のイメージ)

時間単位かつ来てもらえるのはありがたい。

けど月会費払うかどうかって考えると迷うよね。私、働いてないし。。。入会金とかさ、しっかり取ってくれる方が利用する側として安心するけど、だけど、専業主婦が保険としてかけておくものと考えると、、やっぱりちょっと躊躇してしまうコスト。。。

 

キッズライン | ベビーシッターマッチング・病児保育/一時保育

ベビーシッターと言えばキッズライン(これまた私のイメージ)

病児保育もしているのは初めて知りました。

入会金や年会費もないし、専業主婦のセーフティネットとしては使える、、?とは言え緊急で必要なものなので当日この人!と思った人を派遣してもらえるかどうか、がリスキーなのかなーとシッター未経験の不安。

 

他にも色々あるようですね。初めて聞くものもありなかなか興味深かったです。

 

ママ友には助けを求められない

今回気づいたはここ。ママ友はみんな子育て世帯。

家に子どもがいる家庭に病気の子は預けられません。二次感染なんてさせた日には、、と考えると無理ですよね。

 

義実家があってよかった。義母にたまたま予定がなくてよかった今回の一件で、専業主婦家庭においても、何かあった時にお金を使ってでも預けられる先を作っておく大切さに気づきました。たいていの人は知ってるのかもしれないけどね。。私はそこまで頭が回らなかったよ。。と言っても割と今更感満載だけどね。

バンコクではみんなどうしてるんだろう。。 

 

とにかく今回はどうにか乗り切れそうでよかったです。

あとは私に感染してないことを祈るばかり、、、!

刺さる歌

f:id:sugerheights406:20170627220354j:image

 Ken Hirai Official Websiteより

 

描いた夢は叶わないことのほうが多い

優れた人を羨んでは 自分が嫌になる

 

(中略)

人生は悲劇ですか? 成功は孤独ですか?

歌詞全文はこち

 ノンフィクション 平井堅 歌詞情報 - 歌ネットモバイル

 

ドラックストアで聞いて、思わず聞き入ってしまいました。

平井堅、いい歌書くね!←

 

今が人生の踏ん張りどころな気がしているからか、小林麻央さんの件で生死について考えることが多いせいか、はたまた第一子新生児期の孤独な育児のことを思い出したからか、、なんかもう響いて響いて。

 

他人から見れば羨むことなのかもしれないけど、「いいなぁ」の言葉は時に人を孤独にさせるよね。。昔は馴染んでいたはずの場所で感じた場違い感、今でも覚えてる。

 

 

隣の芝はひたすらに青いから。

羨んでもいい。

だけど自分に絶望しないでほしい。

 

そんなようなことを子どもたちには伝えたいなぁと、珍しく歌を聴きながら願うのでした。

 

 

とりあえず兄弟揃って熱出してるので、母はつらい。

頼むから朝には片方でいいから通常営業して欲しい。。。

テスト投稿!

https://www.instagram.com/p/BVwpqkcgwQs/

おうちパン9種のうちで多分1番好き💓子どもたちも甘くなくても食べてくれるパン(*^^*)#ゴマチーズドデカパン #ふわふわ#おうちパン #おうちパンマスター

 

Instagram連携。

こちらもぼちぼち更新してます。宜しければご覧ください(*^^*)

 

ついったーにも更新お知らせ出るようにしようかな!

思わぬダメージ

昨日の小林麻央さんの訃報。

速報が出た時、幼稚園のランチ会についた直後くらいで、誰かが「○○亡くなったって」と遠くで言ってるのだけ聞こえて、何だろなーと思っただけだった。

知ったのは、長男のお迎え待ちに携帯を見た時。

その時はついにかー、としか思わなかったんだけど。

 

時間が経つにつれて、傾げていく気持ち。

もう、ね、

幼子を残していく母の気持ちを考えると。。

勸玄くんがうちの長男と同じ年に生まれてるんですよ。学年は違うけど。ただ、それだけで少し親近感があって(おこがましい)。

自分が麻央さんの立場なら、と置き換えることすらも出来ないほどにきつい。

 

もっともっと生きたかったよね。

まだまだ子どもたちの成長を見届けたかったよね。

 

そんなありきたりの言葉でしか表現できませんが。

親たるものこどもがいるから生きなきゃと踏ん張ってる部分は少なからずあると思っています、少なくとも私は。こどもたちがいるから元気でいなければ、病は気から、そうやってごまかして。この子たちは私がいなければどうなるのだろう、そんな不安を抱えながら。

いや、いづれは私の手を離れ、生きていってもらわねば困ります。たくさんの人の手を借りること、自活の能力を身につけること、今はその力を養っている最中なのです。

まだまだ未熟な幼い子たちを置いていかねばならない、そんな麻央さんの心境を思うと…もう胸が張り裂けそうなほどに痛い。そして悲しみにくれてもいいはずの海老蔵さんが気丈に振る舞う姿をブログで拝見しているのも。

どうかどうかお2人のお子様たちが、心身ともに元気に育ちますように。どうかどうか要らぬ心労を負いませんように。。

 

私も、子どもたちときちんと向き合って生きていこう。

感謝の気持ちを忘れずに、あたりまえは当たり前じゃないということを心に留めて。

自分の身体も大事にしよう。

まずは来月の人間ドック。海外赴任がなければ絶対してないけど、このタイミングでこの機会に恵まれたことに感謝。

 

 

 

とりとめのない文章ですみません

文字に起こすか迷いましたが、忘れがちな想いを書き起こすことで自分が原点に戻れるようにと思い、あえて残すやり方にしました。

念願の!

f:id:sugerheights406:20170620223659j:image

 

どーんどーん。無事に時間内に完成。

全6回のレッスンを修了し、

 

念願の

JSAアイシングクッキー認定講師

になることができました!

 

前回のブログ↓

ドキドキ、、、! - しゅがーはいつ406

を書いた手前、すぐに更新せねば、、と思いつつ、案の定寝落ち毎日で。。汗

 

 肝心の試験は、1時間ほどの余裕を持ってやらねばならぬことが完成したので、プラスアルファの装飾で15分前まで楽しんでました。

富士山乗せるときにアイシングがひび割れたり、雲にブラッシュエンブロイダリーしたら見えないじゃん!ってなったりで軌道修正せねばな事態にもなりましたけどもね(笑)

 

とは言え、無事に完成です。20日付で講師としての活動が認められました。今すぐ教室開く予定はありません。ぼちぼち友人に作ったり、友人ベースでお教室したり、はできたらいいかなと思いますが、まぁしばらくは自分が楽しめる趣味としてやっていけたらなーと思っています。

 

いやー、これで後悔せずにタイに行ける!

2年ほどやろうかなー、お金がなー、でもやりたいなーのモヤモヤを繰り返していたので(笑)心がすっきりしました。

早速作りたいけど、、、まず寝落ちするのを耐えないと、、あぁお昼寝したい(笑)